男だから女性にモテたい願望は自然な事

男性だったら、風俗へ向かい、風俗嬢にちょっともてたいという願望もある筈です。
実際に、風俗という非現実的場所だから、現実社会でもてない人たちも、風俗嬢にチヤホヤされる可能性も高く、それを快感に風俗へ向かう人たちも多いのです。
風俗嬢は風俗のプロフェッショナルです。
やっぱり、男性のお客様に対して居心地のいい場所を提供してくれます。
しかし、実際にその男性がもてているのか、もてていないのかは話しは無関係です。
あなたも風俗のプロフェッショナルになる、そして、風俗嬢をちょっと外へ連れ出したいと思うのなら、本当にもてる男性にならなければ駄目と言うことです。
結局、風俗嬢にもてる男性は、風俗でない場所でももてる男性です。
ただし、もてると言うことには努力が必要であり、今後の努力いかんではあなただってもてる男性になれる可能性があります。
ただ願望だけで人を何ら成長させるものではありません。 まず不潔な男性はNOです。
得に風俗の世界でそれが顕著です。
爪がちょっと黒ずんでいる感じで、女の子は、身体全体が不潔である想像をしてしまうものです。
お風呂に入っているから大丈夫と言うのではなくて、自分の身体に対してプラスαの気遣いが必要です。
そして、傲慢な、しつこい男性は女の子に嫌われます。
このような人たちは、男性という性の特権を主張したがる人たちなのです。
何が欠けているかと言えば、女性をたてるというフェミニズムの意識なのです。
一般的社会でもフェミニズムの男性がもてるのです。
フェミニズムとは古くさい言葉のように思える人たちは、今、フェミニズムの精神をもう一度思い出してください。
段々と、女性優位、女性優位の見地に立って行動するパターンを忘れかけてしまっているのです。
ただ、お金を使えば風俗嬢は喜ぶと思っているのも方向として間違っていないものの、女の子は決して心の中であなたをのぞんでいる訳ではありません。
プレゼントで誘惑されても、プレゼントくれる相手ならあなたでなくても誰でも構わないと言うことです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です