風俗でも女性は女性

一般的な場所で私達は、ちょっと乱暴にふるまって、後から女の子を宥めるという方法が有効的な場合もあります。
飴と鞭の発想です。
実際に、風俗嬢との関係で、そういう設定が許されるのかと言えば、風俗嬢の場合それが違っているようです。
なぜ一般的な場所で乱暴な男性をまず女性が受けて入れているのかと言えば、長期的にそういう男性だということを知っているからです。
しかし、風俗と言う場所は、断片的に切り取られた場所です。
そういう場所で男性が乱暴に振る舞っていきなりスタートしても、風俗嬢はただそれを拒否するスタイルで迎え入れるだけです。
風俗嬢と接するということは、この区切られた場所で、時間限定で接している訳ですから、尚更、飴と鞭精神を持ち出す程の環境のゆとりは存在しません。
だから、女の子に対して、最初から女の子とうち解けるような感じで接していかなければならないのです。
女の子は仕事でそれをやっている訳ですから、最初から男性とうち解けようという意識はしっかり持っています。
問題は、男性の女の子への歩み寄り方です。
男性はなかなか、風俗で、二人で相対的に時間を作っているという意識がもてない人たちが多いのです。
風俗の時間とは、そういうものです。
しかし、男性は、自分の性が風俗と言う場所で解消されればいいと思っているケースが多いのです。
風俗嬢をいわば、モノとして考えているケースが多いのです。
女の子はモノか人間かと言えば、間違いなく人間です。
しかし、男性は、まるでオナニーの対象物のグラビア程度の扱いしか、女の子にしていなかったりします。
風俗で女の子にもてる方法って案外、それ程難しい問題でもないのかもしれないですよ。
風俗の女の子は、レディーと評価され、敬意を示す態度が最初に判っただけで非常に嬉しいと感じるものです。
風俗の女の子だって女性は女性です。
お金のために男性と向き合って一生懸命に仕事をしている人たちなのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です